前へ
次へ

医療水準の格差はどこから生まれるのか

日本では都市部と郊外、あるいは都会と田舎では医療水準にかなり大きなギャップがあります。
一般的には都心に近くて人が集まっているところほど医療水準が高く、充実した医療を受けることが可能です。
ただ、医療水準とは一体なのかをよく理解していないとなぜこのような状況が生まれてしまうのかがわかりにくいかもしれません。
医療水準は実施できる医療措置の質の高さや選択肢の多さに加え、必要なときに医療機関を受診しやすいかといった点が加味されて決まります。
これらの項目のどれを取っても地方に向かうに連れて水準が低くなってしまいがちです。
その根底にある原因は人口の少なさなのです。
人が少なければニーズが低く、さらに医療の担い手も少ないということになります。
結果として医療施設が少なくなり、働き手も揃わないで十分な医療を提供できなくなってしまうのです。
田舎でも人が多ければ医療が充実する傾向があるということも覚えておくと良いでしょう。

Page Top