前へ
次へ

医療機関には病院以外に何があるのか

医療機関には、病院のカテゴリー以外にも診療所があります。
医院やクリニックも診療所の別名であり、これらを経営している医師は開業医と呼ばれます。
また、勤務医というと通常、病院勤務の医師を指しますが、診療所に勤める医師も勤務医です。
現在は、病院と診療所の違いが、かつてほどないともいわれ、その差が曖昧になってきています。
病院と診療所の違いは、簡単に言えばベッド数で、それぞれにクリヤーにしなければならない基準はあるものの、入院するベッド数が20床以上あれば病院で、0から19床までは診療所です。
診療所であっても、入院ベッド数を持っているところは、有床診療所といわれます。
高齢のおじいちゃんが風邪をこじらせると不安というような時に、ちょっと預かってもらう、そんな風に地域で暮らす人々を支えるのが、有床診療所です。
こうした有床診療所の役割は、現在、見直されていて、国も力をいれるために、診療報酬を引き上げるなどの対策をとっています。
もちろん、高度救急や急性期病院とは大きく機能が違いますが、療養の場としてみた場合、診療所と病院は、特に慢性期において、かなり差は小さくなってきています。

Page Top